SADについて

SAD 社会不安障害

実は、どうやら自分はSADであるらしいと判明。

確かに仕事や生活に支障をきたすレベルに困っていることがあって、

でもそれは以前からずっと続いていたにもかかわらず、

「他の人も同じように大変なのに頑張っていから、自分はすごくダメな人間なのだな」

と思って、みんなは凄いなあとずっと思ってた。

 

 

ちなみに、どんなことで困っていたのかというと

・仕事中にかかったてきた電話でも、受けてしまうと自分から切れない。

・会議で自分の意見を言えない。いうのが怖い。

・理由を話すように言われても、言い訳だと思われそうなので黙ってしまう。

・買い物に行って欲しいものがなかったときに店を出れなくて待ち合わせに遅刻した。

・常に誰かに怒られているような感覚があって、会話がうまくできない。

・外で食事すると他の客や店員が気になってしまうので、同じ店に行けない。

・制作する仕事で人のミスを指摘できないで、自分で全部やってしまう。

・予測できない答えが返ってきたりすると嫌になる。

・すごく嫌われている気がして、どうせ嫌われているならと思って勝手に縁を切ってしまう。

 

 

特に、電話が切れないというのは本当に困って、

プライベートでも長電話の人に付き合って睡眠不足になったりした。

あと、SADの人の特徴として、予想外のことが起きたときに対応ができないとか、

人間不信があるそうだけど、実際ほとんど誰にも心を開いていないし、

誰かに理解してもらうなんてできないと思っている。

たまに、趣味の合う人となら分かり合うことができるかもしれない

とか思うこともあるけど実際そんなことなかった。

 

 

ちなみに、SADの有効とされている治療法は実は認知行動療法らしく、
実は僕は結構実践していたようなのだ。
というか、事前に予測できる範囲のことはできるだけ準備をしておくようにしたり、

持ち物をものすごく減らして、すべての持ち物を把握できるようにしていたのだけど、

実やそうやって、対象法をケース別に書き出したり繰り返しで覚えるということが

認知行動療法らしい。

知らずにやっていたらとはいえ、そうやって日常を取説化、マニュアル化、ルーティン化することで

常に不安で外に出ることもできないということもなくなって、生活がすごく楽になった。

実際どういうことをやっているかというと、

例えば、仕事中にかかってきた電話を取ってしまった際はこう言って断って切るとか、

フラッと入ったお店でプレッシャーで出られなくなった時の脱出方法とか、、、、、

ただ、やっぱりもちろん会話とかは予想できないことがほとんどなので、基本的には会話は苦手だし、

思想性の違い人との会話はパニックになるか、全く話せないかです。

 

あ、なんだか眠たくなってまいりましたので今日はここまで。

ではまた。

Write a comment

Comments: 0