INTO GREAT SILENCE

「大いなる沈黙へ グランド・シャルトルーズ修道院」を観て。

お坊さんや修道士の方というのは

とんでも無いストイックさで僕らを驚かせてくれる。

そう実感しました。

 

映画のミニマルさに見習い、簡単な感想だけ。

 

単順に、驚いてしまったという面白さと映像の美しさが強いですが、

とても勉強になりました。見終わった後も余韻の残る映画です。

物欲と情報にまみれた消費社会を生きる僕らには

ライフスタイルとしての参考にもなります。

そして、神の存在を感じられるような、この極限状態と言うのは

実は一番幸せを噛み締められるときなのだとわかりました。

登山家がなぜ命を掛けても山に立ち向かうかに、少し近いものを感じました。

Write a comment

Comments: 0